お問い合わせ・アクセス



  
布糸灯園・瑠璃のご利用、宿泊のご予約、お問い合わせは、電話FAXでお願い します。

電話・FAX

TEL
    お店 019-688-1402        
  携帯電話 090-2227-9623(代表・福島)   

FAX    019-688-1402
   
 
  
                
 

よくある質問

   Q1.駐車場はありますか。何台止めることができますか。
    A.あります。園のすぐそばに2台ほど。そして、すぐそばに10台近く止められる駐車場があります。

 
  Q2.お店の営業時間をおしえてください。

    A.
時間は10:00~16:00です。
       そして、最近、定休日が変わりました(2015.10月~)。

      定休日は不定休です。

      
 なるべくお電話でご予約をお願いします。

     

   Q3.車がないので、電車で行こうと思うのですがどのように行けばよいですか。
     A.盛岡駅よりIGRいわて銀河鉄道に乗り換え、滝沢駅で下車して
      ください。滝沢駅には車でお迎えにあがることができます。

   Q4.施設内は、禁煙ですか。
     A.はい。多くの人がご利用いただくために料金等も設定しております。少しでも、どの方が
      いつ来ても、快適にご利用いただけるよう、きれいな施設のご利用にご協力お願いいたします。

   Q5.食べ物についてはどのようにすればよろしいでしょうか。
     A.ご利用に合わせて準備することが可能です。しかし、主一人なので、マンパワーに限りございます。
      可能な範囲で皆様が自炊できる施設はありますので。、持ち込みについては大歓迎でございます! 
 
   Q6.施設の利用にはどのような方法がありますか。
     A.布糸灯園本館では、「登山帰りにコーヒー、一休みでの喫茶のご利用」、「登山途中等での悪天候
      のための簡易宿泊、お風呂のご利用」、「女子会での宴会?利用と宿泊と織りの体験」等、
      姉妹館瑠璃のご利用は、スタートしたばかりですが、「演奏会の練習」、「マッサージ等の体験会」、    
      「縫物等のお教室」等です。ぜひ、皆様のご要望に応えさせていただきたいと考えておりますので
      どうぞお気軽にご相談ください。

   
                            


周 辺 地 図





布糸灯園(ふしちょうえん)の住所


 
〒020-0618 
 岩手県滝沢市岩手山395-267

TEL  019-688-1402
    090-2227-9623(代表・福島)

http://fushityoen.net/





アクセス

  〔自動車の場合〕

        高速道路滝沢インターチェンジより、
   
     岩手山馬返し方面へ7km(約10分)。
          
        ※馬返しに向かう直線道路途中、
           
目印:「ここは字岩手山」の看板を右折
           突き当たり右折。
(駐車場有。4台ほど)

      

  
  
             


〔電車の場合〕    

    ★盛岡駅より、IGR岩手銀河鉄道線に乗り換える。
     
約15分くらいで、滝沢駅に到着。
     そこから、
車で約10~15分で布糸灯園に到着。
       
事前に時間をお伝えしていいただければ、
     滝沢駅まで車でお向かえにあがります。
                        


                
   2018年6月17日更新 ~ご挨拶~ 

 ・・スタッフを改めて紹介させていただきます・・

<写真:1>  福島園子(オーナー)


 ★喫茶店
 ★手織り工房と教室
 ★山小屋(簡易宿泊所)をやってます。

 『本職は何ですか?』とよく言われま~す

趣味は庭いじり、よく手入れされた庭を見に
来てください。

最近・・・麻雀講師、山登り、乗馬(昔取った杵柄)、
     その他もろもろ、新しいことにもチャレンジ中!

<写真2>  米田律

 ★【ショップとんがり帽子】で、作品を展示・販売
   しています。
 ★手織り教室やってます。
   (毎週火曜日・500/1H)

他の仲間と【布ギャラリー】で毎月末、イベントを
やっています。

最近・・・ホットヨガと陶芸を始めました。


<写真3> 谷藤えみ子

 ★HPの更新をしています。
 ★手織りの作品作りや、着物・ジーンズリメイク
   をやっています。
最近・・・弓道を始めました。高校時代にやっていましたが、
     また弓をひいてみたいと思いました。


   ・・・わたし達がお待ちしておりま~す・・・




 


写真:1


写真2


写真3